2020年 J-League 第10節 – 浦和レッズ 対 サンフレッチェ広島 戦 – 埼玉スタジアム2002

2020年2回目の J-League 観戦。

埼玉スタジアムでの浦和レッズ対サンフレッチェ広島戦。

今回も観客数は上限5000人のため相変わらず人が少ない。

座席を覆うシートもないため、特に座席を開けている状況がよくわかる光景でした。

前半 5 分、レオナルド選手のスルーパスから抜け出した
汰木選手をペナルティエリアで広島のハイネル選手が倒してしまい PK 獲得。
ゆっくりと落ち着いて、レオナルド選手が決めてくれました。

レオナルド選手はこれで4戦連続得点。
このまま得点王目指してほしいです。

ただ、試合はこのあと残り 85 分はひたすら守備。
守備練習をしているのかていうくらい、攻めの機会はほとんどなく、
終始守備の時間に追われていました。

そんな中、西川選手のファインセーブが連続し無事に無失点の
1-0 で勝利。
前節の 6-2 の大敗から考えたらよく守ってくれました。
西川選手とディフェンス陣は本当に頑張ってくれました。

ただ冷たい飲み物飲んで見ているだけでも、きつい中、
サウナのような蒸し暑い気候で、90 分間戦った選手には頭の下がる思いです。

まだまだ 10 節終わったばかり。
次も勝って徐々に順位を上げていってもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です