2020年 J-League 第32節 – 浦和レッズ 対 湘南ベルマーレ 戦 – 埼玉スタジアム2002

2020年11回目の J-League 観戦。

埼玉スタジアムでの浦和レッズ対湘南ベルマーレ戦。

試合にはちょっと遅れてしまい、10分程度遅れて着席。

この日のグルメイベントだった浦和の選手プロデュースのカレーがまだ売られていたので、
長澤選手のパクチーカレーを購入。

なかなかなお値段な気がしましたが、このスパイシーなカレーと、
パクチーが非常にマッチしており、おいしくいただけました。

個人的にはもっとパクチーをもりもり盛り付けてもらった方が、
よりおいしくなったような気がしました。

さて肝心の試合ですが、スタメンメンバーにちょっと不満。
もう退団が決まっているマルティノス選手やエヴェルトン選手を、
スタメンから出す必要あったのか疑問。

他のサポーターの意見にもある通り、もっと未来志向で若い選手が見たかったです。

試合自体はなんだか眠くなるような試合。

前半は 0-0 の同点で終了。

後半になっても、退屈な試合の流れはあまり変わらず、
両チームともに得点が入らず終盤へ。

終盤でやっと期待の新人武田選手が出たことで、この日一番の盛り上がり。

いいパスや積極的なシュートがあったので、もっとたくさんの時間の出場が見たかったです。

その後も両チームとも得点は奪えず、0-0 の引き分け。

2020年の J-League もあと2節。

次の川崎戦アウェイ観戦はできませんが、最終節のホーム札幌戦は少しでも気分良く年を越せるような試合が観たいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です