2021年 J-League 第6節 – 浦和レッズ 対 川崎フロンターレ 戦 – 埼玉スタジアム2002

2021年2回目の J-League 観戦。

埼玉スタジアムでの浦和レッズ対川崎フロンターレ戦。

春の嵐で、合羽を着てても、強風と大雨でつらい観戦でした。

開幕戦は期待の持てる内容でしたが、その後はなかなか結果の出ない試合が続き、
まだまだ我慢の試合は続きそう。
そんな中王者川崎との試合で不安がいっぱい。

川崎相手に防戦一方になると思ってみていましたが、前半は浦和の方がアグレッシブに攻め、
互角以上に戦えていた気がしました。

好セーブに阻まれた、杉本選手の惜しいシュートもありちょっとした期待もしてたのですが、
前半終了間際の42分に失点。

後半は修正したり、どう挑むのかなと期待したものの、その期待を打ち砕かれるような展開。

もう書くのも思い出すのも嫌ですが、49分、51分、53分に失点。
さらに67分にも失点し、そのまま試合終了。

終わってみたら、0-5 の大敗です。

試合終了後のグランド一周の選手挨拶、監督まで一緒に周ってくれたのが印象的でした。
まだまだこれから頑張ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です