吉田カバン PORTER TANKER ファスナー修理情報

購入から2年経過した吉田カバンの Tanker のウエストバックのファスナーが故障しました。

故障個所はファスナーのスライダー。

スライダーの取っ手が、故障してしまいました。

取っ手の金属が擦れて、取れてしましました。

Porter のお店に修理に持ち込むと、エレメント部分は正常で、スライダー部分の修理であれば、
数千円で直せるとのことで、そのまま預けて修理を依頼しました。

修理は一か月弱で戻ってきました。

当初の予定通り、スライダーだけの交換で済んだため、2100 円(20218月時点)で済みました。

最近の Tanker のファスナーのスライダーは 「Porter」ロゴですが、私の Tanker は旧版の Tanker のため、
ちゃんと旧版の「YKK」ロゴのでの修理を頂けました。

(Tanker の新ファスナーの違いはこちら)

ファスナーのエレメント部分や、ファスナーのエレメントの生地部分の修理だと、納期もかかり修理費用が高くなってしまうそうですが、
スライダー部分の交換であれば比較的お安く、すぐに修理いただけるようです。

吉田カバンの修理は、一つ一つ手作業で修理を頂いているようで、多少のお時間はかかる模様。
しかしこのお値段で、丁寧に修理頂き、満足度は高いです。

また、修理を受け付けていただく吉田カバンのショップの店員の方も非常に丁寧に、修理に関する様々な質問に答えていただき、
接客もとても気持ちよく大満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です