2021年 YBC ルヴァンカップ セミファイナル第2節– セレッソ大阪 対 浦和レッズ 戦 – ヨドコウ桜スタジアム

2021年12回目の J-League 観戦。

ヨドコウ桜スタジアムでのセレッソ大阪対浦和レッズ戦。

先週の J-League の神戸戦から関西に居座り、大阪でのアウェイ観戦。
セミファイナルの前節ホームでの試合では、1-1 と引き分けたため、何としても勝ちたいところ。

先週のノエビアスタジアム神戸に引き続き、ヨドコウ桜スタジアムも初めての観戦。
改装されたばかりで、とてもきれいなスタジアムでした。

アウェイの座席がなく、アウェイグッズの身に着けも禁止のため、今回もこっそり観戦。
前の方の席をとれたのもあるが、観客席とピッチがとても近くて、臨場感が素晴らしいです。

さて、肝心の試合ですが、前半からレッズもセレッソも積極的に攻める。
球際のところでは、両チームとも激しくいってました。

前半は両チームともに得点は奪えず、0-0 で折り返す。

後半も積極的に攻めるも、相手キーパーの好セーブに会い、なかなか得点が奪えない。
そんな中、53分に失点してしまい、リードを奪われる。

後半終了間際にはパワープレーを試みるも、得点は奪えず 1-0 で敗戦。

2021年のルヴァンカップは、ベスト4で終戦。
埼玉スタジアムでの決勝を楽しみにしていただけに残念過ぎる。

そして2週に渡る関西でのアウェイ観戦でしたが、2試合ともつらい結末にガックシ。
スタジアムは両方とも素敵だったってことと、関西の食べ物はおいしかったってことだけを土産に、足取り重く、帰京しました。

来年以降、また機会あれば、行きたいスタジアムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です