2021年 J-League 第37節 – 浦和レッズ 対 清水エスパルス 戦 – 埼玉スタジアム2002

2021年15回目の J-League 観戦。

埼玉スタジアム2002での浦和レッズ対清水エスパルス戦。

この試合でホーム最終戦。
4位に望みをつなげることや、今年で浦和を去ってしまう選手たちを送り出すために何としても勝ってほしいところ。

試合前には多くのフラッグでスタジアムを埋める。
観客もだいぶ入り、徐々にスタジアムの光景も戻ってきている感じ。
しかしアウェイ席がなかったのがちょっと残念。

今日のスタグルは1年以上ぶりに、栄屋さんの横手焼きそば。
久しぶりだったせいもあり、とても美味しかった。

試合の方は、風が強い中、前半からポゼッションを支配し、攻めるも、降格がかかる清水のゴールをなかなか割れない。

前半を 0-0 で折り返し、後半には小泉選手を投入。
さらに攻撃に厚みは増すものの、全然ゴールが割れない。

そんな中、後半アディショナルタイムの 93 分に得点を許し、0-1 で敗戦。
ここのところホーム最終戦は全く勝てていない気がします。

試合後は最終戦後恒例の社長あいさつ。
今年は声出し禁止のせいもありますが、社長への拍手が多かったですね。

そして今年で浦和を去るデン選手、槙野選手、宇賀神選手の挨拶。

サポーターからはいろいろ言われる槙野選手や宇賀神選手ですが、個人的には好きな選手なので、
浦和を去るのは本当に悲しいです。
各選手の挨拶もうるっときてしまいました。

いつかまた戻ってきて、浦和のために活躍してほしいです。

そして阿部選手の引退セレモニー。

ビジュアルが示す「ASIAN KING」が示す通り、阿部選手がいなかったら2回も ACL 王者になれなかっただろう。
今まで浦和のために戦ってくれてありがとうございます。
阿部選手の引退はものすごく悲しいけど、阿部選手が残してくれたものを、これからの若手が引き継ぎ、
また浦和をアジアの王者に導いてほしいです。

天皇杯はなんとしても2連勝して、ACL の出場権をつかみ取ってほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。