2022年 J-League 第9節 – 浦和レッズ 対 ヴィッセル神戸 戦 – 埼玉スタジアム2002

2022年1回目の J-League 観戦。

埼玉スタジアム2002での浦和レッズ対ヴィッセル神戸戦。

待ちに待った2022年の J-League が開幕。
開幕戦の京都サンガには敗戦したため、なんとかこのホーム開幕戦で勝ちたいところです。

ホーム開幕戦の相手はヴィッセル神戸。
今シーズンから神戸に移籍した槙野選手、汰木選手との対決が楽しみです。

試合前のビジュアルは、エンブレムの弾幕。

試合は前半早々、ピンチを迎え、PK を献上。
その PK を西川選手が防いでくれたのですが、その直後の10分に武藤選手に決められ、先制点を許す。

しかし、その直後の12分、関根選手の突破から、松崎選手のゴールで同点。

さらに19分、コーナーから柴戸選手がヘディングで押し込み、2-1 の逆転。

その後も攻め続けたが、そのまま後半へ。

後半の序盤、58分に、小林選手との競り合いから、明本選手が報復行為でレッドカードの一発退場。

10人になったチームは、この後サンドバック状態でヴィッセル神戸の猛攻を受ける。

選手たちは一丸となって守り続けたものの、イニエスタ選手のクロスから、まさかの槙野選手に同点ゴールを決められる。

その後も猛攻をしのぎ、2-2の引き分け。

明本選手の退場から試合の流れがガラッと変わり、退場していなければ、勝てたと思えるような試合でした。

個人攻撃になってしまいますが、明本選手には今回のような報復は本当に反省してほしいと思います。

まだまだ今シーズンも始まったばかり。
次こそ初勝利を期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。