2022年 J-League 第5節 – 浦和レッズ 対 ジュビロ磐田 戦 – 埼玉スタジアム2002

2022年4回目の J-League 観戦。

埼玉スタジアム2002での浦和レッズ対ジュビロ磐田戦。

前節はアウェイで鳥栖に負け、全く上昇気流に乗れない浦和。
代表ウィークの中断前に、勝ってほしいものです。

雨が降り出しそうな空模様の中、キックオフ。

この試合、ユンカー選手がスタメンで復帰。
今までの今シーズンの試合とは違い序盤から、チャンスをたくさん作る。

いきなり8分にコーナーキックから、犬養選手のヘディングで先制。

続けて、11分、ユンカー選手のゴールで、2-0と得点を重ねる。

14分にセットプレーから失点するも、37分にはショルツ選手の PK で、3-1。
ショルツ選手は、J-League 初ゴールです。

後半に入ると、新加入のモーベルグを投入。
後半試合開始早々、48分にモーベルグ選手が3人の DF を引き連れながらも、
見事なテクニックのゴールで、4-1。
モーベルグ選手、見事すぎるゴールでした。

後半から雨が降り始めたが、雨が気にならないほどの試合で大興奮。

そのまま逃げ切り、4-1 で勝利してくれました。

ヒーローインタビューは得点を決めた、ユンカー選手、ショルツ選手、モーベルグ選手の北欧三銃士。
こんなに頼もしい助っ人は何年ぶりでしょう。

もうモーベルグ選手こと「もうやん」にメロメロです。

中断明けの活躍が待ち遠しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。