タイ・ブリーラム – 2022年 ACL 観戦 – 実行編 – 1日目

会社からお休みを頂いたので、4月23日からタイに飛んでみました。

初日だけPCR検査の待機待ちで外出もできないので、バンコクに行くまでの、情報をまとめて行きたいと思います。

日本からの出国について

航空会社のチェックインに時間がかかると聞いていましたが、本当に時間がかかります。

航空会社の方がタイランドパスのチェックをしていただけます。

ここで不備があると、搭乗ギリギリまで時間がかかったり、取得し直しで、翌日以降の便に振替になるようです。

バンコク・スワンナプーム空港での入国について

タイランドパスのチェック

飛行機を降りてから、入国審査前に、入国審査に向かう道すがら、タイランドパスのチェックがあります。

ここではパスポート、フライトチケット、入国カード、タイランドパスのQRコードのチェックだけで、すんなり終わります。

入国審査

いつもと変わらないスワンナプーム空港の入国審査。

パスポート、入国カード、タイランドパスだけ提示すれば、スタンプを押してくれ、入国許可いただけます。

スワンナプーム空港からの脱出

入国ゲートを抜けると、ホテルのカードを持った係の方がいっぱいいらっしゃるので、AQ/SHA Extra+/OQ/AHQにて滞在1日目(1泊分)予約確認書を見せると、予約したホテルの担当の方が案内してくれます。

タクシーではなく、一般的な車ですが、内装はガッツリ感染対策のアクリル板で運転席と区切られている車で、スワンナプーム空港から脱出します。

指定病院でのPCR検査

スワンナプーム空港から、予約したホテルの指定病院に行き、PCR検査を受けます。

PCR検査はドライブスルーで、車の中で受けます。

検査の確認書の記入が必要ですが、名前、生年月日、サインくらいの記入だけします。

車の外から検査員の方が、鼻と喉に検査キットを差し込み、検査は終わりです。

車を下車することなく予約ホテルに向かいます。

TEST & GO ホテルのチェックイン

PCR検査が終わるとそのまま TEST & GO の予約をしたホテルに向かいます。

ホテルに着くと、そのまま通常のホテルチェックイン。

お部屋に案内いただけますが、PCR検査の陰性結果が出るまで、ルームキーが頂けません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。