2022年 ACL グループステージ6節 – 山東泰山 対 浦和レッズ 戦 – ブリーラムシティスタジアム

2022年、3回目の ACL 観戦。
山東泰山対浦和レッズの試合です。

この試合で、ブリーラムでの集中開催最終節。
なんとか気持ちよく勝って、日本に帰国したいものです。

この試合はブリーラムシティスタジアムで、初のアウェイ側。
バックスタンドの席には入れてもらえず、アウェイ側ゴール裏の席で観戦。

試合は前半から一方的に攻め続け、13分に安居選手のゴールで先制。

その後34分に知念選手が、DF とは思えない上手いシュートで追加点。

さらにアディショナルタイムに、松尾選手のゴールで0-3でリードを広げる。

後半に入っても、一方的な展開。
そして後半早々から、東南アジア特有のスコール。

念のため持って行った、ポンチョがとても役立ちました。
今までこんなにすごい雨の中の観戦は初めてでした。

こんな雨の中でも選手たちは集中力を切らさず、69分には松尾選手、85分に知念選手がゴールを決め、0-5の勝利。

グループ内では2位になったものの、グループステージの通過ができ、本当にうれしい。

海外への渡航がとても大変な中、こんなに遠くの地に、こんなに多くのサポーターが応援に駆け付けたことが本当にすごい。
こんな雨の中でも、みんな声も出てて、素晴らしい。
ただの一サポーターでしかない自分がいうのもなんですが、本当に世界に誇れる暑すぎるサポーターです。

ACL ラウンド16でも快進撃を信じ続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。