2022年 J-League 第14節 – 浦和レッズ 対 鹿島アントラーズ 戦 – 埼玉スタジアム2002

2022年6回目の J-League 観戦。

埼玉スタジアム2002での浦和レッズ対鹿島アントラーズ戦。

30周年記念試合と銘打たれた、記念すべき試合です。

前節まで6試合連絡での引き分け。
順位も降格すれすれの順位で、降格争いから脱却するためにも、絶対に勝ってほしい。

試合開始前の選手入場時には、30周年のビジュアル。

さらに3Dエンブレムと、とても手の込んでるビジュアルのサポート。

このエンブレムを掲げるために、アッパースタンドからロープで引っ張る方々のご尽力には頭が下がります。

試合は前半早々、鹿島に先制される。

しかし前半終了間際の40分、VAR からの PK 獲得で、ショルツ選手のゴールで同点に追いつく。

後半は浦和が優勢に試合を進める。

終盤には、ゴール裏から、「PRIDE of URAWA」の弾幕が掲げられ、選手を後押し。

試合終了間際には、怒涛の攻撃で、鹿島を攻めるも、ゴールは割れずに、1-1 の引き分け。

これで7試合t連続の試合で、またも、勝ち点は1つしか伸ばせませんでした。
とても悔しい試合でしたが、見ごたえある、いい試合でした。

選手の気持ちもとても見え、次節の勝利に期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。