2022年 J-League 第21節 – 浦和レッズ 対 FC東京 戦 – 埼玉スタジアム2002

2022年8回目の J-League 観戦。

埼玉スタジアム2002での浦和レッズ対FC東京戦。

2試合連続で引き分け中の浦和。
なかなかいい試合はできているので、もっと調子を上げて勝ってほしいものです。

この試合では序盤から攻め続け、チャンスを作る。
そんな前半の31分、松尾選手の突破から、DFを振り抜き、モーベルグ選手にパス。
そのパスをモーベルグ選手がゴールに流し込んで先制。

後半に入っても、攻撃の手を緩めず、チャンスを作る。
50分に伊藤選手の低い弾道のミドルシュートで追加点。

そして、70分、江坂選手、モーベルグ選手、江坂選手とパスでつなぎ、最後は大久保選手が決め3点目。
見事なゴールで、今年一番形のいいゴールな気がしました。

試合はそのまま3-0で勝ち、快勝。

この試合でゴールキーパーの西川選手が、通算170試合の無失点記録。
最後みんなで記念撮影しているのが微笑ましかったです。

順位も半分くらいまで上げてきたので、これから徐々に順位も上げてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。