2022年 ACL 準々決勝 – 浦和レッズ 対 BGパトゥム ユナイテッドFC 戦 – 埼玉スタジアム2002

2022年、5回目の ACL 観戦。
浦和レッズ対BGパトゥム ユナイテッドFCの試合です。

大事な準々決勝の割に、観客の入りは少なめ。
月曜日の20時からの試合だから仕方ないか。

そんな中、BGパトゥム ユナイテッドFCのサポーターも太鼓をもって、数人応援に来ていました。
「BG FANCLUB JPN」という、弾幕があったから、日本のBGパトゥムサポーターの方かしら。

試合は序盤から攻め続け、2つもゴールの取り消しがありながらも、32分、モーベルグ選手のゴールで先制。

すると42分にはコーナーキックから岩波選手が、ヘッドで流し込み、2-0とリードを広げる。

岩波選手がゴールした後、自分のチームには負けてしまったにも拘らず、残って観戦していた神戸サポートからの、岩波選手への拍手が印象的でした。

後半に入っても、勢いそのままに、65分には小泉選手のゴール、72分の明本選手のゴールで快勝。

次の相手は、東アジアの強敵、全北現代。

東アジアの代表を決める、次の準決勝、何としても勝って、来年の決勝に挑みたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。