タイ・バンコク – アロフト・バンコク・スクンヴィット11(aloft bangkok sukhumvit) – バリアフリー情報

バンコクの中心地スクンヴィット11通りに面したホテル、
アロフト・バンコク・スクンヴィット11。
最寄の BTS ナーナー駅からは比較的離れており、アクセスは大変ですが、
スタイリッシュでモダンなホテルで、リーズナブルなホテルです。
アロフト・バンコク・スクンヴィットのバリアフリー情報などをまとめていきます。

住所

アロフト・バンコク・スクンヴィットへの行き方

タクシーや車の場合

スワンナプーム国際空港から車で 40-50分くらいかかります。
料金は大よそ 500 バーツ程度で行けるかと思います。
Grab だと、約 350 ~ 400 バーツ程度です。

電車の場合

BTS ナーナー駅が最寄の駅になりますが、BTS ナーナー駅から、
スクンヴィット11通りを北上する必要があります。
普通の方で徒歩 5 分程度ですが、私は一回も歩きませんでした。

スクンヴィット11通りは路駐している、トゥクトゥクや車が多く、
交通量も多いので徒歩の場合は注意が必要です。

ホテルのトゥクトゥクの場合

ホテルの無料トゥクトゥクサービスがあります。
このピンクのトゥクトゥクで、ホテルと、
ナーナー駅間の送迎をしてくれます。

ホテルからナーナー駅まで向かう場合は、ホテルにトゥクトゥクが待機していたり、
出払っていても、トゥクトゥクが戻り次第乗れるので、非常に重宝します。
ただ、最初にナーナー駅からホテルに向かう場合には、自身でトゥクトゥクに連絡する必要があります。
しかもこの連絡先に連絡してみましたが、うまく繋がりませんでした。

またこのトゥクトゥクは、お願いすれば、ターミナル21までも送迎をしてくれます。

アロフト・バンコク・スクンヴィットの入り方

アロフト・バンコク・スクンヴィットに到着すると、2段階の階段が現れます。
ホテルの入り口から、玄関まで、階段を上る必要があります。

最初の階段は、両サイドに車用のスロープがあります。
2つ目の階段にはスロープがありませんので、エレベータに乗れます。

エレベータの場合

ドアマンの方が、着きっきりで乗せてくださります。

このエレベーターは、普通のボックス型エレベーターと違って、
床だけが昇降するだけですので、壁に触らないよう注意が必要です。

夜でもピンクのライトで明るいので足元も安心です。

エレベーターの操作盤です。
ドアマンの方しか操作できません。

階段の場合

手すりがあり、段数もそんなにないので自力でもそんなに苦にせず、
昇降ができました。

手すり使ってませんね。。。

ホテル内バリアフリー情報

段差もなく、道幅も広く、歩きやすいです。
またエレベータも十分広く、ゆったりしています。

フロント

W XYZ Bar

アロフト・バンコク・スクンヴィット 内のバー W XYZ Bar。

ホテルの2階にあります。

エレベーターでも行けますが、ガラスの階段で行けます。

トイレ

普通のおトイレです。

客室内バリアフリー情報

スイートルーム

私が宿泊した部屋ではありませんが、先輩が宿泊したお部屋にお邪魔させていただき、
写真を撮りました。

ベッド

お風呂・シャワー

シャワールームからトイレが丸見えです。

トイレ

アクセシブルルーム

私たちが宿泊したアクセシブルルームです。

お部屋

ベッド

ベッドマットはどこのブランドのかわかりませんでした。

目覚まし時計。

お風呂・シャワー

バスルームまでの扉はありませんでした。

またシャワールームへの仕切りもドアはなく、
カーテンのみです。

このカーテンのみの仕切りが厄介で、結構トイレのほうまで、
水が漏れてきます。
一晩たっても、トイレ方面までびっちゃんこです。

トイレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です