京都・京都 – 東寺(教王護国寺) – バリアフリー情報 & 車いすレンタル

京都を代表する世界遺産、東寺。
別名は教王護国寺とも呼ばれている。
東寺真言宗の総本山であり、真言宗の根本道場です。
東寺を観光する際のバリアフリー情報をまとめていきます。

住所

東寺への行き方

バスの場合

バスの場合は、最寄りの停留所が、複数あり、いずれもすぐに当時の境内に数分でたどり着くことができます。
東寺東門前、東寺南門前、九条大宮、東寺西門前が最寄りの停留所です。

電車の場合

JR 京都駅の八条口から、徒歩15分くらいのようです。

近鉄電車 東寺駅から、徒歩10分くらいのようです。

車の場合

車で訪問した場合、駐車場があります。
車の駐車料金は、600円(2020年10月時点)で、2時間駐車できます。
2時間を超えると、300円の追加料金が発生します。

駐車場には、障がい者用のスペースが準備されています。

ただ食堂近くのスペースに駐車するのがお勧めです。
その方が、食堂や五重塔など拝観するのにアクセスしやすいです。

東寺入り方

東寺の境内は無料で入れます。

また食堂も無料で拝観ができます。

五重塔や、金堂など拝観する場合は、拝観料が必要です。

東寺内バリアフリー情報

境内

細かい砂利の道です。

車いすの場合、移動が非常に困難で、かなり苦労をしました。
傾斜はないものの、砂利が深く、車いすのタイヤが取られるので、
車いすでの移動だとかなりの体力を使います。

五重塔

講堂

不二桜

東寺- 車いす レンタル

借りる場所

食堂と講堂の間くらいにある、案内所で借りることができます。

借りる方法

係りの方に、「車いす使いたい」旨を伝えれば、無料で貸していただけます。

返却方法

食堂と講堂の間くらいにある、案内所に返却します。

借りられる車いす

一般的な車いすです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です