京都・京都 – 銀閣寺(東山慈照寺) – バリアフリー情報 & 車いすレンタル

京都を代表する世界遺産、銀閣寺。
正式な寺号は、慈照寺です、相国寺の塔頭寺院の一つです。
銀閣寺を観光する際のバリアフリー情報をまとめていきます。

住所

銀閣寺への行き方

バスの場合

京都駅から市バス 「銀閣寺道」停留所から徒歩 10 分程度のところにあります。
また「銀閣寺前」停留所からは徒歩 6 分程度でアクセス可能です。

車の場合

車の場合、銀閣寺には駐車場がありません。

近隣のコインパーキングや京都市銀閣寺観光駐車場に駐車し、
徒歩 5 分程度でアクセスができます。

銀閣寺入り方

銀閣寺の敷地内に行くには、まず、銀閣寺参道を歩きます。

銀閣寺橋を渡って、銀閣寺参道を進みます。

お土産物屋さんや飲食店が並ぶ参道を抜けると銀閣寺にたどり着けます。
参道は坂道なので、ゆっくり進みましょう。

総門まで多少の坂道を進みます。

総門までの坂道は上から見るとかなる急な感じです。

総門をくぐります。

総門を抜けると、数十メートルの銀閣寺垣と言う総門と中門を結ぶ参道を進みます。

銀閣寺垣を抜けると、中門があり、中門で参拝料金を払い境内に入れます。

銀閣寺内バリアフリー情報

境内

境内は細かい砂利道です。

砂利はそんなに深くないので、移動はそこまで苦痛ではありません。

後半、一部通路が砂利ではなく舗装されているため、移動しやすいです。

銀閣

中門を抜けると、すぐに銀閣が現れます。

向月台

銀閣を抜けると、プリンのような向月台が現れます。

銀沙灘

銀沙灘からは、銀閣と向月台が一緒に撮影できるフォトスポットです。

洗月泉

銀沙灘を抜けて少し進むと、洗月泉があります。

展望所

展望所に向かうためには、坂道や段差を超えていく必要があります。

洗月泉横の橋から、段差があり、車いすだと行けません。

帰路の看板に従って進み、出口方面に向かいます。

帰路の途中からも、銀閣が綺麗に見られます。

八幡社

銀閣寺 – 車いす レンタル

借りる場所

中門の横にある受付で借りることができます。

借りる方法

係りの方に、「車いす使いたい」旨を伝えれば、無料で貸していただけます。

返却方法

中門の横にある受付に返却します。

借りられる車いす

一般的な車いすです。

銀閣寺 – トイレ

銀閣寺境内内のお土産物屋さん「圓通殿」横にトイレがあります。

綺麗で使いやすいトイレでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です