タイ・バンコク – ワット・スタット(Wat Suthat)/サオ・チン・チャー – バリアフリー情報

バンコクの中心地から少し離れたところにあるワット・スタット。
ワット・スタットの正面にそびえたつ赤い鳥居のような「サオ・チン・チャー」と呼ばれる巨大ブランコが有名です。
ワット・スタットを観光する際のバリアフリー情報をまとめていきます。

住所

ワット・スタットへの行き方

車やタクシーの場合

バンコクの中心地、サイアム地区からは車で10分から20分程度でアクセスができます。

電車の場合

MRT サム・ヨット(Sam Yot)駅が最寄りになります。

徒歩の場合、10分程度でアクセスできます。

ワット・スタット入り方

バムルン・ムアン通り側に入口があります。

入口には段差があります。

入口を抜けると、右側に料金所があります。

昔は拝観料は20バーツでしたが、2022年04月現在、100バーツに上がっておりました。

ワット・スタット内バリアフリー情報

本堂

本堂に入る際は数段の階段があります。

大仏様です。

大仏様は背後からも拝観ができます。

本堂内は土足厳禁で、赤いじゅうたんが敷かれています。

回廊

回廊には仏像が多く鎮座しています。

サオ・チン・チャー

赤い鳥居のような、巨大ブランコです。

現在はブランコとして使用する行事は中止されております。

夜にはライトアップがされます。

ワット・スタット – 車いすレンタル

ワット・スタットないはそんなに広くなかったため、車いすレンタルの確認はしませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。