タイ・チェンマイ – ワット・スワン・ドーク(Wat Suan Dok) – バリアフリー情報

チェンマイの中心地からほど近いところにあるワット・スワン・ドーク。
チェンマイの王家の遺灰が納められている白い仏塔が有名です。
ワット・スワン・ドークを観光する際のバリアフリー情報をまとめていきます。

住所

ワット・スワン・ドークへの行き方

車やタクシーの場合

チェンマイの中心地、旧市街から、3-5分程度でアクセスができます。

ワット・スワン・ドーク入り方

Suthep Road (ステープロード)から南側に入ったところに、ワット・スワン・ドークはあります。

料金所などはなく、自由に出入りができます。

入場門がありますが、その横の舗装された道路からも入れます。

その道路から本堂に直接アクセスできます。

ワット・スワン・ドーク内バリアフリー情報

本堂

本堂に入るには、階段を上る必要があります。

端には手すりが備わっています。

本堂内は、タイル敷きです。

仏像の前の赤いじゅうたんでは靴を脱ぎます。

青銅の巨大な仏像があります。

仏塔

王家の廟

石畳が通路になっています。

ワット・スワン・ドーク – 車いすレンタル

ワット・スワン・ドークないはそんなに広くなかったため、車いすレンタルの確認はしませんでした。

見渡した限り、係りの方も見当たらず、借りれそうな車いすも発見できませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。